【部位別】解消したい顔のたるみはどこ?

サイトマップ

ザ・フェイスリフト > 【部位別】解消したい顔のたるみはどこ?

【部位別】
解消したい顔のたるみはどこ?

リフトアップ治療の専門医が
部位別に施術法を解説

「ほうれい線にはヒアルロン酸がいい」「ボトックス注射を打てば、気になるたるみも解消できる」そんなふうに思っていませんか?あなたが思い込んでいる情報、実は間違っているかもしれません。
そこで、気になる顔のたるみを部位別にチェック!いろんなサイトや世間で言われている情報が本当に正しいのか、専門医である境先生のコメントつきで解説します。

おでこ・額

おでこ・額

わたし、おでこ・額のシワに
悩んでいます

  • 「横シワが額にくっきり出るようになって悩んでいます。はっきりとしたシワが3本、ほかにも細かいシワがあって、とても目立ちます。マッサージもしていますが、あまり効果が感じられません。遠くからだと目立ちにくいですが、近づくとはっきりシワが刻まれているのがわかります。40歳過ぎているママ友でも、おでこがつやつやしている人を見るとうらやましいです。」
  • 「目から下は30代前半で年相応。『肌が白くてキレイね』と褒められることもあります。でも、額はシワがひどくて見せられたもんじゃありません。目から上と下では、まるで別人です。20代前半から目の上にシワができるのが気になっていましたが、30歳を超えたあたりから、ますます深くくっきりしてきました…

おでこ・額に
シワができる原因

おでこのシワは紫外線、乾燥、表情のくせなどさまざまな原因が言われています。たしかに、紫外線は、肌を乾燥させ、ダメージを与え、おでこの肌が乾燥すると細かいシワができ、やがて大きなシワへとつながるというまことしやかな意見もあります。
でも、実際にはまぶたのたるみや眼瞼下垂によって、ひたいの前頭筋に力が入り眉を上げるという表情のくせが、ひたいのシワが刻まれる最大の原因ですし、他の原因とされているものについては付け足し程度とお考えください。

目の上

目の上

わたし、目の上のたるみに悩んでいます。

  • 「仕事でパソコンを使っているので、日ごろから目のケアは行っているつもりでした。でもここ数年、上まぶたのたるみが気になってきました。やはりパソコンの使い過ぎでしょうか。まだ30代なのに、まぶたのたるみのせいで老けて見えてしまいます。
  • 「昔は二重まぶただったのが、だんだん下がってきて、一重になってしまいました。そのせいか、表情もぼんやりしてしまい、それがすごく嫌で、毎日悩んでいます。」
  • 「40代後半になり、まぶたが下がってきました。母もまぶたのたるみがひどく、視界が悪くなってきたと言っていました。そんな母のことをからかっていましたが、もしかしたら私も母みたいになるかもしれません。シワやたるみは年相応のものとあきらるしかないのでしょうか。

目の上がたるむ原因

目の上(まぶた)がたるむ一番の原因は、加齢。加齢によって目のまわりの筋肉が衰えたり、脂肪の重みで皮膚が下がってしまい、コラーゲンやヒアルロン酸が減少することで肌のハリも失われるとされています。
そして、ハリが失われると、まぶたのたるみにつながるといった意見もあります。
しかし、わたくしは洗顔時に強くこすったり、目をこすったりすることこそが、まぶたのたるみの主な原因だと考えています。

眉間

眉間

わたし、眉間のシワに悩んでいます。

  • 「1年前から視力が落ち、無意識に目を細めるようになり、眉間にシワができました。メガネを作り、眉間にシワが寄らないように気をつけていますが、かなり深いシワになってしまいました。無表情でもシワがわかるほどです。」
  • 「以前から眉間の深いシワに悩んでいます。怒っているわけではないのに、まわりからは『不機嫌そう』『厳しそう』『こわい』と思われてしまいます。見た目も老けて見えるのか、20代後半なのに、40代と言われたこともあります。対人関係でも、かなり不利な気がします。」
  • 「おでこのシワと眉間に刻まれた縦じわがイヤで、写真を撮るときは、顎を引きすぎるほど引いて撮っています。自分の顔を見られるが苦手になってしまいました。

眉間にシワができる原因

眉間にシワができるのは、表情のくせによるところが大きいと言われています。考え事をしたり、ストレスを感じたときに眉をひそめたり、見えづらいときに目を細めたり、パソコンやスマホを操作しているときも、眉間にシワを寄せることが多いようです。
眉間は、皮脂の分泌量は多いものの、スキンケアが行き届かなかったり、紫外線が当たりやすく乾燥しやすい部位なので、乾燥が原因でシワになることもあるそうです。

目の下

目の下

わたし、目の下のたるみに悩んでいます

  • 「昔から、目のまわりの脂肪が多い方だと思っていました。でも20代後半になって、以前よりも目の下のふくらみがひどくなってきました。目元だけ見るとおばあちゃんみたいです。マスクなしでは外も歩けないくらいひどいです。」
  • 最近、目の下のたるみが気になり、とても悩んでいます。目元ケアのクリームなども使っていますが、目の下のたるみには効果がないようです。乾燥肌で皮膚が薄いのも原因なのでしょうか。このまま年を取って、もっとひどくなったら…と思うとゾッとします。今のうちになんとかしなくては。」
  • 「10代のころはぽっちゃりしていましたが、社会人になって仕事の忙しさもあり、体重が15キロ落ち、やつれて肌がボロボロに。とくに目の下のたるみは初老のようです。エステにも通っていますが、目の下のたるみは一向に治りません。

目の下がたるむ原因

●加齢によって筋肉が衰え、皮膚を支えきれなくなると目の下にたるみが生じる。
●加齢だけでなくパソコンやスマホを長時間使用するとまばたきが減り、目のまわりの筋肉が衰えることもある。
●疲れ目や肌の乾燥も目の下のたるみの原因になる。
●とくに目のまわりは皮膚が薄く、乾燥しやすい部分なので注意が必要。
などと言った意見があります。でも、目の下の眼窩脂肪が膨らんでくることが目の下のたるみの大きな原因です。わたくしは上まぶたと同じようにまぶたをこすることによって、靭帯などの支持組織がゆるむことこそが、眼窩脂肪がとび出してくる最大の原因だと思います。
疲れ目やまぶたの乾燥もまぶたをこする原因になるので、ある意味間接的な原因になると言えます。そして、一度悪化すると自然には改善しないようないわゆる不可逆的な現象は加齢と言う言葉で片付けられる傾向があります。

ゴルゴライン

ゴルゴライン

わたし、ゴルゴラインに悩んでいます。

  • 「1日中パソコンを使う仕事をしていたせいか、20代のころから、疲れるとゴルゴラインがうっすらと出ていました。それが、40歳に近づくにつれて、次第にはっきりと深い溝になってきました。顔のエクササイズとマッサージを毎日続けていますが、効果を感じられず途方に暮れています。」
  • 「先日、化粧をしているときにゴルゴラインに気づき、とてもショックでした。ほうれい線も気になりますが、ゴルゴラインはその半分くらいの深さです。ネットで調べたら『ゴルゴラインは消えにくい』と書いてあり、ますます悩んでいます。
  • 「ゴルゴラインが消えなくて困っています。1年ほど前から出始め、最近は線が濃くなってきました。仕事で細かい作業を長時間しているせいで、目が疲れているのもあるのでしょうか。ほうれい線やおでこのシワなどは気にならないのですが、ゴルゴラインだけがくっきり出ていて、鏡を見るのが憂鬱です。職場でも年齢より老けて見えると言われました…

ゴルゴラインができる原因

目の下から頬の中央にかけて斜めにできるゴルゴラインは代表的な加齢によるシワとされています。加齢によって頬の皮膚や筋肉がたるんで、脂肪が垂れ下がり、頬がへこむことで溝が目立つようになった結果、ゴルゴラインが目立つという意見も。また、皮下脂肪の分布や骨格の影響も大きく頬骨が出ている人よりも平らな人の方が出やすい、と言った顔だちのせいにした意見もあります。
しかし、加齢の影響は大きいものの、年を取ったすべての人にできるわけではありません。実際には「ほほのボリュームが下がることによって靭帯による溝が目立ったもの」がゴルゴラインです。そして、わたくしが考える最大の原因は、お顔を強くさわることによって靭帯などの支持組織がのびた結果、ほほのボリュームが下がると言ったものです。とくに、一度生じると改善しないようなものは加齢によるものだと勘違いされる傾向があります。

頬

わたし、頬のたるみに悩んでいます。

  • 「20代のころからほうれい線が目立っていましたが、40代に入って気になるレベルになってきました。頬もたるみ、角度によっては老けて見られることも。何かアンチエイジング施術を受けようかと考えています。」
  • 「顔のたるみで悩んでいます。はじめは、片側の頬に影みたいなものができて、いろんなスキンケアを試してみたものの、悪化してしまいました。最近は、反対側の頬と目元もたるんできてしまいました。彼氏や友達に顔を見られたくなく、毎日憂鬱です。」
  • 頬にシワのような、たるみのようなものができて悩んでいます。年齢も関係あるのかもしれませんが、そのせいで老けて見えてしまうのが気になります。できれば目立たなくしたいのですが、どうすればいいかわかりません。」

頬がたるむ原因

頬のたるみは加齢によって引き起こされ年を重ねることで、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸など、肌にハリや弾力を与えてくれる成分が減少し、皮膚を支えきれなくなってしまうと考えられています。また、肌が乾燥することでターンオーバーが乱れ、ハリが失われてしまうといった意見も散見されます。
でもわたくしは、お顔を強くさわることによって、靭帯などの支持組織がゆるむことこそが頬がたるんで下垂する一番の原因だと考えています。そして、この支持組織のゆるみによる頬の下垂のように一度変化が生じてしまうと治らず、また不可逆的なものについては加齢現象だと勘違いされることが多いようです。
これ以外に、肌が乾燥することでターンオーバーが乱れハリが失われてしまうので、乾燥を防ぐことも大事です。

マリオネットライン

マリオネットライン

わたし、マリオネットラインに悩んでいます

  • 「俗にいうマリオネットラインなのでしょうか。口元にたるみが原因と思われる線がくっきり出るようになりました。まだ30代なのに、40代、ひどいときは50代に見られることも。マリオネットラインを消したいけど、メスを入れるのが怖くて、なかなか勇気が出ません。」
  • 「加齢のせいか、顔のたるみがひどく悩んでいます。口角も下がってきて、マリオネットラインがくっきり表れてしまい、日に日に深くなる気がします。
  • 今まではあまり気にならなかったのに、40歳を過ぎてから、顔のシワが気になり始めました。とくにマリオネットラインが気になります。もともとヒアルロン酸やボトックスに興味があるので、思いきってやってみようかなと思っています。」

マリオネットラインができる原因

唇の両端からあごに伸びるマリオネットライン。マリオネットラインは、お顔を強くさわることによって靭帯などの支持組織がゆるんだ結果、皮膚がたるんだり、脂肪が下垂することによって起こります。
また、口元から下顎、首にかけて広がる広頸筋が緩んだり、口角を下げる筋肉の口角下制筋が硬くなったり縮んだりすることでも起こるという意見もありますが、わたくしは因果関係や相関関係を混同した考え方だと思います。頬がたるんだ結果、頬の筋膜とつながっている広頚筋がゆるむと言えますし、頬がたるんだ結果、口角下制筋があたかも固くなったかのように見えます。肌が乾燥すると水分保水力が衰え、マリオネットラインができやすくなるとも言われていますが、これも主な原因ではありません。

ほうれい線

ほうれい線

わたし、ほうれい線に悩んでいます。

  • 「35歳を過ぎ、ノーメイクの顔を鏡で見たとき、以前よりもほうれい線がくっきり、長さも伸びていました。最近ではメイクをしてから数時間たつと、ほうれい線が目立つように。同い年の同僚といっしょにいるとき、私だけ実年齢より年上に見られるのも、ほうれい線のせいだと思います。鏡を見るたび、気分が落ち込みます…。
  • 「40代に入って、一気に老化を感じるようになりました。ほうれい線が日に日に濃くなり、この1年でブルドッグみたいなたるみに。若いころからスキンケア、栄養摂取など、意識的に行なってきたのに…!ダイエットをしているわけでもないのに、顔の肉が落ちて、やつれて見えてしまいます。」
  • 「ほうれい線がとても気になっています。サプリメントを飲んだり、ストレッチやマッサージをしていますが、思うように効果が出ません。」

ほうれい線ができる原因

小さな子どもでも笑ったときにほうれい線はできますが、年を取ると笑っていなくても出るようになります。
一般的には、加齢によって肌に弾力を与えてくれる成分が減少する、または肌の乾燥によって線維芽細胞の働きが鈍くなると、結果たるみが出てほうれい線ができると考えられています。また、表情筋が衰えたり、紫外線で肌がダメージを受けたり、睡眠不足や運動不足も、ほうれい線の原因…?と言う意見もあるようです。
でも、わたくしはお顔を強くさわることによって、靭帯などの支持組織がゆるみ、頬のボリュームが下垂して、ほうれい線の上から多いかぶさることによって、ほうれい線の影が濃くなることこそが、ほうれい線が目立つようになる最大の原因だと思います。

フェイスライン

フェイスライン

わたし、フェイスラインのたるみに悩んでいます。

  • 「ダイエットをしてお腹が痩せても、あごのたるみは落ちないまま。いくら痩せても、二重あごだと太って見えてしまうので悩んでいます。あごのたるみは年々、ひどくなっているような気がします。
  • 「二重あごがさらに下にさがって、あごのラインがなくなりそうです。マッサージをしたり、姿勢に注意したり、舌回しをしたり、思いつく限りの対策をしましたが、まったく効果がありません。」
  • 「結婚式まであと3ヶ月。ダイエットやブライダルエステで体重は4キロ落ちましたが、二重あごのままです。横から見ると段差ができてしまって、余計太って見えます。ジムで体を動かしたり、マッサージしたりしていますが、フェイスラインはスッキリしません。

フェイスラインがたるむ原因

フェイスラインのたるみは表情筋の衰えによって生じ、頬や口周りの筋肉が衰えるとフェイスラインがたるみやすくなる、また、口まわりの筋肉が衰えるとリンパの流れが悪くなり、むくみが出てたるみや二重顎の原因になる、と考えられています。また、紫外線によって肌がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンなど、肌にハリを与えてくれる成分を変性させてしまうとフェイスラインがたるむ原因となる、等のさまざまな意見があるようです。
でも、わたくしは、お顔を強くさわることによって、靭帯などの支持組織がゆるみ頬のボリュームが下垂することによってフェイスラインがたるむことこそがフェイスラインがたるむ最も大きな原因であると考えています。

首

わたし、首のシワ・たるみに悩んでいます。

  • 「それほどひどいわけではありませんが、首のシワに悩んでいます。今のうちにケアをしておかないと、これからどんどん深くなっていきそうで…。20代後半なのですが、同世代の女性たちはまだ誰も、首のシワを気にしたことがないみたいです。」
  • 「結婚式の準備でドレスを試着したとき、首に深いシワが刻まれていることビックリしました。10代のころから気にはなっていたのですが、首まわりの開いたドレスを着るとかなり目立ちます。『女性は首に年齢が出る』と聞いたことがあります。長年の怠惰がたたってしまったのでしょうか?
  • 「アトピー性皮膚炎だったため、子どものときから首にシワがありました。若いころは『子どものときからあるから』と笑って言えましたが、年を重ねるにつれ言い訳ができなくなってきたので、シワ対策をしないといけないと思い始めました。」

首まわりがたるむ原因

首は年齢が出やすい部分。首の皮膚は顔の皮膚よりも薄く、老化が出やすい上に、首のお手入れは忘れがち。乾燥しやすくなったり、紫外線を浴びやすくなり、シワやたるみができるケースもあるでしょう。また、筋肉が衰えると首にたるみが出たり、高すぎる枕を使っていたり、デスクワークなどで下を向いている時間が多いと首にシワができやすくなる、などのさまざまな意見があります。
しかしわたくしは、お顔から首まで、皮膚も筋肉もボリュームもつながっていますので、頬を中心としたお顔がたるんで首までが影響を受けているケースがほとんどだと考えています。

ひとりで悩まないで、
相談に来てください

医師画像

私は美容医療に携わっていますが、受けなければいけない美容医療なんてないと思っています。
ただ、誰にでもコンプレックスや悩みがあって、それが自分の顔や外見に関することの場合、誰かに相談するのは勇気がいることです。
私は、そういった不安をすべて解消すること、その方にとって最適な施術を考えること、前向きな気持ちになれることを心がけています。
また、美容医療はイメージだけでなく、料金・効果・安全性も考慮して検討するものです。 私は不安が完全になくなるまで、施術は受けるべきではないと考えています。
だから、どんな些細なことも、ご相談ください。

顔のたるみ・シワに関する不安・疑問など、
ご予約は、お電話のみ受付ています。

診療時間
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
休診日水曜日