美顔器でリフトアップできる?できない?

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

サイトマップ

ザ・フェイスリフト > たるみを生む原因かも!? 間違いだらけのセルフケア > 美顔器でリフトアップできる?できない?

美顔器
リフトアップ
できる?

肌のたるみの予防・改善のために、美顔器を使っている人もいますよね。でも本当に美顔器で、顔のたるみの改善はできるでしょうか?ここでは、超音波振動タイプ・イオン導入タイプ・EMSタイプ、3つの代表的な美顔器をピックアップし、それぞれの特徴や肌のたるみへの効果について解説します。

美顔器1:超音波振動タイプ

耳に聞こえない、ごくわずかな音の振動である超音波を肌に与えて、血行やリンパの流れを促すのが、超音波振動タイプの美顔器です。
超音波振動タイプの美顔器は、1秒間に約100万回振動し、それによって、血行やリンパの流れが促され、肌の新陳代謝も促進されると考えられます。
レーザー美顔器のように、チクチクした痛みがないので、リラックス効果を求める人におすすめです。

超音波が発生する部分には、チタンやプラチナメッキなどが使われていて、錆びにくくなっていたり、アレルギーを起こしにくくなっていたり、長期にわたって使用できるようになっているものが多いようです。
ただし、化膿したニキビがある人は、超音波振動によってニキビがつぶれ、跡に残ってしまう可能性があるので、使用を控えたほうがいいでしょう。

どんな効果が期待できますか?

超音波振動タイプの美顔器によって期待できる効果は以下の通りです。

・クレンジング効果

1秒間に100万回という細かな超音波振動によって、汚れやよけいな角質が取り除かれ、肌の状態が整います。汚れが取り除かれ、肌がきれいになることで美容成分が浸透しやすくなると言われています。

・マッサージ効果

超音波振動が肌の奥まで届くことによってマッサージ効果が得られ、血液やリンパの流れが促進されます。すると、筋肉が引き締まったり、肌の新陳代謝が活発になって老廃物がスムーズに排出されたりします。

・温熱効果

超音波振動は分子と分子の間に摩擦を起こし、摩擦熱を発生させます。それにより肌の温度は0.5~2度アップすると言われます。肌の温度が上がると血流が良くなり、たるみの解消やリフトアップにつながると言われています。

美顔器2:イオン導入タイプ

イオン導入タイプの美顔器とは、電気の力を使って、美容成分を肌に浸透させる仕組みをもった美顔器のことです。
皮膚の表面の角質層は酸性のため、陽イオン(+)が多くなっています。一方、その内側の顆粒層は陰イオン(-)のアルカリ性。これらは互いに反発し合い、両者の間には電気の膜ができています。そのため、美容成分は角質層より奥に浸透することができません。
そこで肌に電流を流すことで、角質層と顆粒層が中性に近づき、電気の膜の働きが弱まります。すると、肌の奥にまで美容成分を浸透させることができるようになるのです。
イオン導入タイプの美顔器には、専用の化粧水や美容液を使うものと、好きな化粧水や美容液が使えるものがあります。

どんな効果が期待できますか?

イオン導入タイプの美顔器を使うと、化粧水や美容液を肌表面に塗ったときよりも、30~100倍の浸透力があると言われています。
イオン導入タイプの美顔器は、ビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液が一緒に用いられることが多いようです。イオン導入といっても、すべての成分がイオン化されて皮膚に浸透するというわけではありませんが、ビタミンC誘導体は問題なくイオン化できます。
また、ビタミンC誘導体は、美容成分の中でもとくにコラーゲンの生成を促したり、活性酸素を除去したりする作用が高い成分です。
ビタミンC誘導体のこうした作用によって、肌にハリや弾力がもたらされ、顔のたるみやシワにも効果があると考えられています。ほかに、シミやそばかす、くすみ、ニキビの改善の効果も期待できます。

美顔器3:EMSタイプ

EMSは「Electrical Muscle Stimulation」の略。EMSタイプの美顔器とは、低周波の電流を流すことで筋肉を刺激し、収縮させる美顔器のことです。
超音波が肌の表面にアプローチするのに対し、EMSは肌の深部にアプローチできると言われています。
もともとEMSは、身体を痩身させる目的で使用されていましたが、顔にも応用されるようになりました。そのため、顔と身体・兼用タイプもあります。
低周波電流を流すことで、筋肉を刺激し、表情筋を動かすことができます。すると、表情筋のトレーニング効果が得られ、表情筋が鍛えられます。
表情筋が鍛えられることで、顔全体のリフトアップにつながると考えられています。

どんな効果が期待できますか?

EMS美顔器では、たるみ、むくみ、毛穴の開きなどに効果があると言われています。
これらの肌トラブルの原因は、表情筋の衰えやコラーゲンなどのハリ・弾力成分が減少によるところが大きいのですが、EMSタイプの美顔器を使用することで、表情筋を刺激し、コラーゲンを増やすことができるのです。
また、EMSの刺激によって血流が良くなり、毛穴の開きが小さくなって、肌にハリやツヤが出てきます。
表情筋の衰えは、ほうれい線の大きな原因。加齢によって表情筋が衰えると脂肪を支えきれなくなったり、肌の弾力も失われたりして、頬がたるんでほうれい線ができる。EMS美顔器は表情筋にアプローチできるので、表情筋の衰えによって生じるほうれい線にも効果が期待できるといった考え方もあるようです。

境院長よりコメント

Doctor’s comment

ドクター写真

美顔器でリフトアップできる可能性は・・・?

顔のたるみは「加齢」「筋肉の衰え」「ハリ・弾力がなくなる」ことによって起こるとされています。美顔器や美顔ローラーでのマッサージによって、それらを回復させることができるでしょうか?

このごろは、ホームケア美容器が増え、エステに行かなくても自分でお手入れできるようになりました。10代・20代でも購入しやすい価格の美顔器もあり、若いうちから顔のシワ・たるみ予防に励んでいる女性もいるでしょう。
しかし、ホームケアの刺激は、必要以上に強く、しつこくやり過ぎる傾向にあるように感じます。
「マッサージ」のページでもお話しましたが、マッサージなどお顔をさわる行為は健康な肌のバリア機能の破壊を促す可能性がある行為ですので、しみの原因になると言われています。
また、マッサージなどによって靭帯などの支持組織がゆるむことこそが、お顔・頬のたるみやほうれい線が目立つことの最大の原因だと言えます。

私は、セルフケアをやればやるほど、たるんで行くし、シミも増えて老けて行くと考えています。
私は、美顔器などの美容機器によって、顔のたるみ解消やリフトアップ効果は期待できないと思っています。あれこれ、自己流のケアをするより、自分ではお顔はあまりさわらずにするほうが賢明です。

ひとりで悩まないで、
相談に来てください

医師画像

私は美容医療に携わっていますが、受けなければいけない美容医療なんてないと思っています。
ただ、誰にでもコンプレックスや悩みがあって、それが自分の顔や外見に関することの場合、誰かに相談するのは勇気がいることです。
私は、そういった不安をすべて解消すること、その方にとって最適な施術を考えること、前向きな気持ちになれることを心がけています。
また、美容医療はイメージだけでなく、料金・効果・安全性も考慮して検討するものです。 私は不安が完全になくなるまで、施術は受けるべきではないと考えています。
だから、どんな些細なことも、ご相談ください。

顔のたるみ・シワに関する不安・疑問など、
ご予約は、お電話のみ受付ています。

診療時間
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
休診日水曜日