【特集】あらゆる症例を経験したドクターのスプリングスレッド解説!

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

サイトマップ

ザ・フェイスリフト > 【特集】あらゆる症例を経験したドクターの スプリングスレッド解説!
Special Contents

あらゆる症例を経験した医師が
スプリング
スレッド解説

症例数400以上!専門医による スプリングスレッド解説

糸を使ったリフトアップはいくつか種類があります。他の糸リフトと比較しながら、スプリングスレッドがもつ効果をわかりやすく説明します。また、施術内容がイメージしやすいよう、六本木境クリニックで受けた患者さんのエピソードも紹介します。
気になる、スプリングスレッドのリスクや失敗例も取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

顔のたるみの90%を改善!?
スプリングスレッドの
実力

どんな人がスプリングスレッドを受けるのか。実際のカウンセリングの様子、施術の内容、術後の生活など、これから受ける人が知りたいことを、症例とともに紹介します。

そもそも、スプリングスレッドとは

スプリングスレッドは、伸縮性のあるシリコンの糸を皮膚の下に挿入し、たるみを引き上げる糸のリフトアップ施術です。 糸を使ったスレッドリフトの多くは、フェイスライン(顔の輪郭・側面)を引き上げる施術ですが、スプリングスレッドリフトは、ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴラインなど、顔の正面・中心部のたるみにも効果が期待できます。
スプリングスレッドの特徴はその名の通り、弾力があり、伸縮性にも優れていること。伸び縮みして筋肉と一緒にしなやかに動くので、口周りなど、よく動かす場所のリフトアップにもぴったり。思いっきり笑って豊かな表情を自然につくることができます。

スプリングスレッドと
他の糸との違い

スプリングスレッドは、「コグ」と呼ばれる突起がついた特殊な糸です。コグの先端は丸くなっているため、皮下組織を傷つけずに、強力にリフトアップすることができます。
さらに、糸を挿入することで線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンの生成が促されるため、ハリのある肌質に改善する効果も得られます。
しかし、スプリングスレッド以外にも糸を使ったフェイスリフトがあります。糸の違いを比較しながら、それぞれの効果を見てみましょう。

スプリングスレッド

スプリングスレッド

中心はポリエステル・外側とコグはシリコンでできた、伸縮性のある溶けない糸。持続期間が長く、顔の側面だけでなく、正面もダイレクトにリフトアップできる。比較的新しい施術のため、実績のある医師が少ないという課題がある。

金のリフト

金のリフト

髪の毛ほどの細さの純金の糸を格子状に皮膚に埋め込む施術方法。1969年にフランスで始まったが、治療効果に明確なエビデンスが得られていないため、日本美容医療協会では正式な治療法とはみなしていない。

ミントリフト

ミントリフト

トゲのついた糸を皮下組織に挿入して引き上げる施術。吸収される糸を使用。糸が吸収されていく間も糸の周囲でコラーゲンが生成され、糸の吸収後もリフト効果が持続。

ハッピーリフト

ハッピーリフト

切込みを入れて毛羽立たせた溶ける糸を使用。こめかみなどに固定して引っ張るのではなく、皮下脂肪に入れるだけなので、テンションはあまり強くなく、他の糸を使ったリフトアップに比べて効果は緩やか。

フェザーリフト

フェザーリフト

引っ掛かりのついた特殊な糸を挿入してたるみを引き上げる。糸は1年ほどで体内に吸収されるが、糸が吸収された後も数年、予防効果が見込める。多くの種類の中から素材や施術方法が選べる。

ミラクルリフト

ミラクルリフト

40センチほどの長さで、両わきに折り返しのついた糸を皮膚の下に通して皮下組織を引き上げる方法。らせん状にギザギザの特殊加工が施された溶けない糸を使用。治療効果が大きく、効果の持続期間も長い。


スプリングスレッドの
リスク・トラブル

高いリフトアップ効果をもつスプリングスレッドですが、リスクやトラブルがまったく起こらないわけではありません。ここでは、スプリングスレッドで起こりうるリスクやトラブルについてまとめています。

気になるスプリングスレッドのトラブルとは

スプリングスレッドで起こるトラブルのひとつに、仕上がりの不自然さが挙げられます。これは、埋め込む位置、糸の本数、引き上げる力などが原因です。
また糸の本数が多すぎたり、糸がズレてしまったりして、皮膚の表面が凸凹になってしまうこともあります。
スプリングスレッドでもっとも多いトラブルは、リフトアップ効果が得られないこと。
施術後、1ヶ月月以上たっても効果が感じられない場合は、埋め込んだ糸の本数が少なかったり、埋め込む場所が適切でなかった可能性もあります。

スプリングスレッドを受ける前に
知っておきたいこと

スプリングスレッドは、たるみやシワの改善効果が高く、切るフェイスリフトでも叶わなかった、ほうれい線やマリオネットラインなど顔の正面のたるみを改善できる、画期的な施術です。
しかし、リスクがまったくないわけではありません。
むしろ、気軽に受けられる施術ではなく、時間をかけて納得いくまで考える施術です。

イメージどおりの効果を得るには、クリニック選びが重要です。 クリニックを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、まずは、カウンセリングが丁寧なところを選ぶようにしましょう。 美容整形手術は、顔の造形を変えてしまう手術です。こちらの希望や要望をしっかり伝え、納得できるまで説明をしてくれるクリニックなら安心です。
クリニックによっては、カウンセリングと手術、術後の検診が別々の医師によって行われることもあるようです。
すべての行程が違う医師によって行われると、カウンセリングでの希望がきちんと伝わらず、思わぬトラブルが発生することがあります。
こうしたトラブルを避けるためにも、カウンセリングから手術、術後の検診まで同じ医師に担当してもらえるクリニックを選ぶといいでしょう。

◇◆◇ ここで紹介している「スプリングスレッド」の費用や施術時間、リスク等について ◇◆◇

【スプリングスレッド】
費用目安:25万円~50万円
(例)片側3本×両側=合計6本の場合:25万2,000円~48万円
片側4本×両側=合計8本の場合:33万6,000円~62万円
施術時間:30分~1時間程度  効果持続期間:3~5年
ダウンタイム:施術後、赤みやむくみが出る場合があるが、1~2日間で落ち着く。
メイクは翌日から可能(施術直後でも、針を刺した部分以外はメイクOK)
リスク:数日~1ヶ月は、大きく口を開けたり、笑ったり、洗顔する際、引きつれ感や違和感があることもある

ひとりで悩まないで、
相談に来てください

医師画像

私は美容医療に携わっていますが、受けなければいけない美容医療なんてないと思っています。
ただ、誰にでもコンプレックスや悩みがあって、それが自分の顔や外見に関することの場合、誰かに相談するのは勇気がいることです。
私は、そういった不安をすべて解消すること、その方にとって最適な施術を考えること、前向きな気持ちになれることを心がけています。
また、美容医療はイメージだけでなく、料金・効果・安全性も考慮して検討するものです。 私は不安が完全になくなるまで、施術は受けるべきではないと考えています。
だから、どんな些細なことも、ご相談ください。

顔のたるみ・シワに関する不安・疑問など、
ご予約は、お電話のみ受付ています。

診療時間
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
休診日水曜日