エステでリフトアップできる?できない?

※本サイトで提供しているすべての情報は、六本木境クリニック・境 隆博院長の見解によるものです。

サイトマップ

ザ・フェイスリフト > たるみを生む原因かも!? 間違いだらけのセルフケア > エステでリフトアップできる?できない?

エステ
リフトアップ
できる?

シワやたるみ解消をアピールした「リフトアップコース」や「フェイシャルトリートメント」など、エステにはいろんなコースがあります。専用マシンを使ったり、エステティシャンの施術を受けることができますが、本当に効果があるのでしょうか?
エステで受けられる施術とその効果、エステとクリニックの違いについて解説します。

エステのメニュー1:ラジオ波

エステで使用されているラジオ波(RF)は、「高周波」とも呼ばれる電磁波のひとつ。エックス線やガンマ線とは分類が異なり、人体に悪影響を与える恐れのないものです。
ラジオ波を照射すると、ジュール熱という熱が発生し、体の奥から体温が上がり、血行やリンパの流れが促進されて代謝が良くなります。 ラジオ波には、モノポーラ方式とバイポーラ方式という2つの方式があります。
モノポーラ方式は、体を2つの電極で挟み、マイナスとプラスの電極が体全体を通るようにしているため、体の深部にまで電流を通すことができ、体の奥まで振動を与えることができます。
バイポーラ方式は、ヘッドの先端部分にマイナスとプラスの電極があるので、その周囲にのみ、電流が流れる仕組みになっています。そのため、体の表面しか温めることができません。

どんな効果が期待できますか?

ラジオ波によって体温が上がり、血行やリンパの流れが良くなると、代謝も促進されます。肌の代謝がよくなると、ターンオーバーも整い、しみやシワの改善が期待できるといいます。
さらにラジオ波は、加齢によって減少するコラーゲンにも働きかけます。たるんでしまったコラーゲン線維を熱収縮させて、肌を引き締める効果があると言われています。
また、コラーゲンに熱損傷を与えることで、コラーゲンを生成している線維芽細胞が活性化し、コラーゲンの産生が促されます。それにより、肌のたるみやシワの改善にも効果があるとされています。

ラジオ波は体の深部から温めてくれるので、冷え性の改善にも効果があり、冷えによって起こるむくみの解消にも役立つそうです。

エステのメニュー2:光フェイシャル

光フェイシャルは、レーザーよりも優しい光のIPLまたはLEDを照射することで、しみ、くすみ、そばかすなどの肌トラブルを改善したり、コラーゲンの生成を促す作用があります。
単一指向性のレーザーとは違い、幅広い光を照射することで、より広範囲の治療ができます。
出力も比較的小さいので、肌へのダメージが少なく、ダウンタイムも短く、副作用も起こりにくい施術と言われています。
「光フェイシャル」は、エステで行われる施術の名称で、クリニックでは「フォトフェイシャル」と呼ばれています。どちらも、光を照射する施術ですが、使用するマシンが異なります。
エステで使用されているマシンのほうが、クリニックのものよりも出力が小さく、肌へのダメージも、より少なくいのが特徴です。

どんな効果が期待できますか?

光によって肌の内部に刺激を与えることで、コラーゲンの生成を促したり、しみの原因となるメラニンなど肌トラブルのもとを解消する効果があると言われています。
熱を加えることで線維芽細胞を活性化させたり、皮膚を軽いやけど状態にしてその修復の過程でコラーゲンを生成するため、コラーゲンの増加が期待できます。
また、熱によって皮膚や筋膜が縮み、たるみの改善につながるとも言われています。
メラニンに吸収される波長の光を照射することで、しみやくすみの改善効果があるほか、毛穴や乾燥、肌の赤み、ざらつきなど、肌トラブルの解消に用いられています。
光フェイシャルの場合、肌へのダメージが少ないというメリットがありますが、早急に、目に見えてはっきりわかるほどの効果が出にくい施術でもあります。シワやたるみの改善というよりも、肌の質感を向上させるという意味合いのほうが強いかもしれません。

エステのメニュー3:EMSフェイシャル

EMSは、「Electric Muscle Stimulation」の略で、電気筋肉刺激の意味。つまり、肌に電気を流して筋肉を刺激し、血流やリンパの流れをよくすることで、リフトアップを目指す施術だそうです。
電気によって強制的に筋肉が動かされ、筋トレをしたような効果を与えてくれるのがEMS。その顔への施術がEMSフェイシャルです。
EMSによる筋肉運動は、自発的に行う運動よりも高い運動効果が得られると言われています。
EMSで流す電磁波は「エムキューブ波」で、高周波の電流を変化させながら体の深部へ送り込みます。筋肉を緩めて引き締める波形とも言われ、周波数が常に変化しているので、筋肉が電気刺激になれることも防げます。
電気による刺激のため、皮膚への負担が少ないというメリットもあります。

どんな効果が期待できますか?

EMSフェイシャルには、顔のリフトアップ施術だそうです。筋肉を収縮させる作用もあるので、顔を引き締め、たるみの改善が期待できるといった考え方もあるそうです。
EMSの振動により血流が良くなるので、くすみにも効果的。血流が良くなれば代謝も良くなり、シワ、しみ、むくみの解消にもつながるといいます。
また、目がパッチリ開いたり、こわばった顔を緩ませる効果もあるそうです。
電流による刺激によって、線維芽細胞も活性化します。繊維芽細胞はコラーゲンを生み出すという重要な役割を担っていますが、電流の刺激を受けることで線維芽細胞が活発になり、コラーゲンの産生が増え、肌にハリや弾力が増して、シワやたるみなどの症状を改善する効果もあると考えられています。
また、筋肉を刺激することで顔が引き締まり、小顔効果が得られるとも言われています。

エステとクリニックの違いは?

まず、エステとクリニックでは、受けられる施術が違います。
エステは、機器や手技を用いたマッサージが主なのに対し、クリニックは機器の使用はもちろん、症状に応じて薬剤を注入したり、切開手術を行なうことができます。
光を照射する機器を使用するにしても、エステは出力の弱い機器しか使うことができませんが、医師が施術を行うクリニックであれば、高出力の機器を使用することができます。

また、万一のトラブルが起こった場合、冷却したり化粧品を使ったケアが中心になるエステに対し、クリニックでは薬の処方ができるため、迅速に対応してもらうことができます。
1回あたりの価格は、エステのほうが安いケースが多いですが、エステでは数回で治療が完了することは難しく、長く通う必要があります。
クリニックの場合、軽度なものであれば、数回で治療が完了することもあります。

エステのメリット

  • リラクゼーション効果が高い
  • 時間はかかるが、肌への負担が低い
  • 1回あたりの費用は安いところも多い

クリニックのメリット

  • エステに比べて早く、効果が得られることが多い
  • 症状に合わせてさまざまな施術方法を選ぶことができる
  • 万一のトラブルの際にも迅速に対応してもらえる

境院長よりコメント

Doctor’s comment

ドクター写真

エステに通ったことで、たるみが促進した患者さんをたくさん見てきました

私のクリニックに相談に来られる女性には、エステ経験者がとても多いです。
エステでは「マッサージなどの刺激を与えることで、たるみが改善します」と説明しているようですが、私はそこに疑問を感じます。

エステでの施術で、肌がふっくらしたり、キメが細かくなったり、ハリが出たりして「たるみが解消した!」と、まるで「効果」のように感じるかもしれません。
だけど実際は、マッサージによって組織が反応し、腫れや浮腫(むくみ)となっているだけかもしれません。
事実、六本木境クリニックに来院した人に限って言えば、エステに通っていた人の多くが、通うのを止めたとたん、エステに通う前より、たるみが促進してしまったといいます。
わたくしお顔をさわればさわるほど靭帯などの支持組織がゆるむので、お顔がたるむという説明が一番納得が行くのですが、そうすると、エステやマッサージなどはお顔をたるませる行為ということになります。でも、聞いたところによるとヨーロッパの超高級エステではお顔を強くさわったりはしないそうです。

ひとりで悩まないで、
相談に来てください

医師画像

私は美容医療に携わっていますが、受けなければいけない美容医療なんてないと思っています。
ただ、誰にでもコンプレックスや悩みがあって、それが自分の顔や外見に関することの場合、誰かに相談するのは勇気がいることです。
私は、そういった不安をすべて解消すること、その方にとって最適な施術を考えること、前向きな気持ちになれることを心がけています。
また、美容医療はイメージだけでなく、料金・効果・安全性も考慮して検討するものです。 私は不安が完全になくなるまで、施術は受けるべきではないと考えています。
だから、どんな些細なことも、ご相談ください。

顔のたるみ・シワに関する不安・疑問など、
ご予約は、お電話のみ受付ています。

診療時間
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
休診日水曜日