症例2:スプリングスレッドを左右に6本入れたケース

サイトマップ

ザ・フェイスリフト > 【特集】症例数400以上のドクターの スプリングスレッド解説! > 症例2:スプリングスレッドを左右に6本入れたケース

スプリングスレッドの症例2

目と頬のたるみが改善された30代女性の場合

スプリングスレッドが他の治療に比べて、リフトアップ効果が高いことが分かっても、どんなふうに施術するのか、気になる人も多いと思います。
そこで、実際に六本木境クリニックでスプリングスレッドを受けた人の症例をご紹介します。
厚ぼったいまぶたと頬のたるみに悩んでいた、30代女性のケースです。

まぶたと頬のたるみがスッキリ!
憧れの小顔になりました

スプリングスレッドを左右に6本入れたBさんの場合

■Bさんのプロフィール

プニプニの頬がコンプレックス・30代の女性
スッピンに自信がないため、近所のコンビニに行くときもメイクをする。趣味は、マッサージ。

■六本木境クリニックに出会ったきっかけ

私が悩んでいたのは、まぶたと頬のたるみです。
いつも、むくんでいるような感じがあって、ずっと小顔に憧れていました。
頬のたるみを取るために、毎日欠かさずやっていたのが、両手の人差し指と中指でフェイスラインをゴリゴリ押す、自己流のマッサージ。
マッサージをした後は、顔のラインがスッキリして二重あごが気にならなくなるものの、少しでもサボると元に戻ってしまう…このくり返しでした。
もっとラクに解消できる方法を探していたときに見つけたのが、六本木境クリニックでした。
いくつかのサイトで、境先生が『たるみ取りの名医』と紹介されているのを見て、「この先生だったら、何とかしてくれるかも!」と期待しながら、カウンセリングを予約しました。

■カウンセリング

境先生は私の顔を見るなり、「マッサージが趣味でしょう?」と言いました。
ビックリして「どうして分かったんですか!?」と聞くと、「まだ若いのに、正面から見ると頬がたるんでいますね。マッサージは圧力をかけて、支持組織を引き伸ばす行為ですが、それがたるみの原因となるのです。頬のたるみは、マッサージをしている人によく見られますよ」と言われました。
まさか、少しでも解消したくてやっていた自己流マッサージが、たるみの原因になっていたなんて…
泣きたくなるほど、ショックでした。

私が、厚ぼったい目と頬のたるみがコンプレックスであることを打ち明けると、先生に勧められたのが「スプリングスレッド」でした。
実際に私の顔を鏡で見ながら、スプリングスレッドによって顔のたるみがどう改善するのか、どういう仕上がりになるのか、とても丁寧に教えてくださいました。
先生が施術した患者さんのビフォー・アフターの写真を見たら、みなさんとても自然な仕上がりだったので、先生のセンスにも確信がもてました。

それに「スプリングスレッドなら、目のまわりやフェイスラインもスッキリしますよ」と言われ、「今すぐ、やってほしい!」と思いましたが、「一度家に帰って、ゆっくり考えてみてください」と言われてしまいました。

■施術前と施術後

実は、カウンセリングを受ける前、主人に相談したところ、猛反対されてしまいました。
美容医療に抵抗があるのは分かっていましたし、失敗したときのことを心配してくれていたのかもしれませんが、私は「別にメスを入れるわけじゃないし。ま、いっか」と、主人の反対を押しのけ、施術を受けました。

施術が終わって家に帰ると、私の顔を見た主人が「スッキリして小顔になったね!」と、大喜びしてくれました。あれほど反対していたのに(笑)
会社の人たちも友人も「あれ?痩せた??」と聞いてくる人が何人かいたくらいで、顔に糸を入れたなんて誰にもバレませんでした。それくらい、自然な仕上がりに大満足!
さらに、フェイスラインがスッキリしたことで、あれほど悩んでいた厚ぼったいまぶたのたるみも改善されました!!!

将来のたるみ予防にもなる!

私はずっと小顔になりたくて、時間さえあればマッサージをしていました。
カウンセリングで先生に指摘されたように、マッサージをすればするほどたるみはひどくなる一方で、ほうれい線やマリオネットラインがうっすら出始めていました。
でも、スプリングスレッドを受けてから、ハリのある肌になり、毛穴も目立たなくなり、ほうれい線もマリオネットラインも気にならなくなりました。
スプリングスレッドが、今あるたるみだけでなく、将来できるたるみ予防にもなるなんて、知りませんでした。

以前はコンビニに行くときでさえ、メイクをしないと外出できなかったのに、自分の顔に自信がもてるようになったおかげで、スッピンで出かける日も増えました。
もう、マッサージは一切していません。

ひとりで悩まないで、
相談に来てください

医師画像

私は美容医療に携わっていますが、受けなければいけない美容医療なんてないと思っています。
ただ、誰にでもコンプレックスや悩みがあって、それが自分の顔や外見に関することの場合、誰かに相談するのは勇気がいることです。
私は、そういった不安をすべて解消すること、その方にとって最適な施術を考えること、前向きな気持ちになれることを心がけています。
また、美容医療はイメージだけでなく、料金・効果・安全性も考慮して検討するものです。 私は不安が完全になくなるまで、施術は受けるべきではないと考えています。
だから、どんな些細なことも、ご相談ください。

顔のたるみ・シワに関する不安・疑問など、
ご予約は、お電話のみ受付ています。

診療時間
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
休診日水曜日